--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月19日 (土) | Edit |
今度の水曜日までに仕事でVTR作らなきゃなので、
明日収録(撮影)予定なのです。

で、今日、お仕事終了後に撮影準備をと思って、
機材全部持って、調整かけてたのです。

今回、発表を収録しなきゃなのですが、
ただ発表風景を撮影するのもつまらないという話で
発表者とも意見が合い、ちょこっと変わった形で
発表しようという話になったのですが…

問題は………


どうやってそれを合成するか


これがもっかの悩みでして。

いや、これ以外にもしなきゃいけない仕事が
ある(はずな)のですが、
これが締切ギリギリでもあり、
さらに、私が持っていくのではなくて、
先輩(某御方)が持っていくので、
恥かかせてしまっては申し訳ないと思い…。

「別に順位は気にしなくていいから、
 やりたいと思った形で挑戦していいよ」

とは言われたのですが、
やっぱり、やるからにはテッペン目指したくて。

今日はプロジェクター、スクリーンの位置を見ながら
発表者の表情もはっきり見えるにはどうしたらいいか
あーでもない、こーでもないと試行錯誤するも、



合成する映像(事前に作っておいた映像)がボケる



発表者に光が当たらずに暗くなる



室内の明かりの調整が出来ずに合成予定の映像が白くなる



かのどれかが出てしまい……。
やっぱりアナログ合成(スクリーンに投影)は
ムリがあるよなぁ……と思いながら、
なんとかギリギリのラインで調整して帰宅したのです。


で、家でパソコンの中にあるフリーソフトを
かたっぱしからいじり、ネットでも調べたら………


方 法 あ っ た よ……!!

昔、何かの映像を編集するので使った

AviUtl 

というソフト。
これ、オプション編集で2つの動画を合成できるのです。

それを今の今まですっかり忘れていたという…(-_-)
これでできるじゃん!!

まぁ、念のために明日は2本別撮りしておきますが
アナログ合成は使わない方向でいきたいところ。

やるからには最高の物を仕上げたいです。
(まぁ、これに時間かけてどうするって話ですが…凝り性なので)

ちなみに、原稿はある程度流れを作ったものの、
発表者がかなり脚色つけて作成してくれて
結構おもしろいものが出来ました。
流れや内容を先輩方に確認してもらったら
好評価もらったので☆
若い感性はやっぱりすごいなぁって思います。



スポンサーサイト