--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月03日 (水) | Edit |
今日は節分の日。
就職してからというもの、全く節分をやっていなかったのですが、
今年は職場で話をしていて、やってみようかなと思い立ち、
スーパーで節分グッズを購入。

恵方巻きを半額でゲット♪

豆まき用の豆を探すも、見あたらない……。

実はここに認識の差、いわゆるカルチャーギャップがありまして。


実家では、豆まき用の豆=『炒った大豆』でした。
小さい頃から定番。スーパーでもそればかり山積みで置かれ、
節分の日の給食にも登場。
炒った大豆は、鬼にとって焼けるほど痛い存在として知られ、
神聖なものだと言われたような、言われてないような……。

なので、スーパーで売ってる物だと信じて行ったんですが、
まったく見あたらず。店員さんにも聞いたけど、見つからず。


そのうち、節分コーナーで、驚愕の事実を知りました。


今住んでいる地域では……

節分用の豆= 落 花 生(殻付き)

setubun

これが鉄板だったそうな……。
しかもこの地域限定ではなく、かなり広範囲で定番。
この地方では当たり前の真実でした……(ネットより)。



しばらくこの現実を受け入れるのに時間がかかりそうです。
日本って、狭いようで広いんですね。
まだまだ知らないことが多そうだー。
スポンサーサイト