--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年08月17日 (水) | Edit |
今日で夏休みがおおよそ終わりますよ、えぇ、そうですよ(`Д´)ケッ←半ヤケ。

明日から企業実習(インターンシップ:9時~5時半勤務予定)なんで、今日は回数券買いに行ったり、図書館にレポート用の資料本を返してまた借りに行ったり、明日の昼ご飯とか飲み物を買っちゃおうかなーとか思って買いに行ったりしてたら…もう終わってるし、1日の大半が。こんなつもりじゃなかったのにねぇ…orz

今日こそは学芸員志望の理由書のまとめでもしようと思ったのになー。もう大体アウトラインは決めてるんですよ。で、書きたいことも、ワードで思いついた順に打ち込みまくってるんですよ。だけど、やっぱり字数は足りないし(あと2千字はゆうに足りてませんね)、どこの文章とどこの文章をつなげようかなーなんて迷ってるうちに昨日も終わってたし…。文章を書くのは好きですが、一度迷ってしまうとずーっと迷ってしまう。どうせ候補に入れないかもなんだからテキトーでいいじゃんって思うことは思うけど、なんか手抜きが出来ないんですよね…。



でもそんな私ですが、NHK11時からののアウシュヴィッツの特集は見ようかと。これ、高校時代の歴史のレポートテーマとしてやった、思い出深いものなんだー。中学の時に「ベンチ」っていう、ユダヤ人迫害をテーマにした作品が国語の教科書に載ってて、それを読んで以来、日本の戦争に関することより詳しくなるくらい調べてしまったテーマなんだけど…。

歴史上、類を見ないくらいに大規模、かつ、多人種(ユダヤ人だけじゃないって知って驚いたけど)にまたがるくらいに及んだホロコーストで、写真や書物、映画などを見るたびに考えさせられてしまう。写真に写る迫害を受けた人たちの目は訴えかけてくるものがすごくて、初めて見た時は、「ホントに同じ人間が起こしたことなのか?」って疑ったし、あの時の印象は忘れない。今でも同じ思いでいる。二度と同じ過ちを繰り返さないように、うちらは忘れちゃいけないなーって思います。

いつか、あのアウシュヴィッツ収容所の博物館に行きたいんだけど、まだまだ遠いなー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック