--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年07月27日 (水) | Edit |
結局、この数日間5時半起きとかだったんで、そのリズムが抜けきれず、今日も5時半に起きちゃったし…。久々にめざましテレビを見て、8時にはホテルを出発、朝ごはんを食べに行きました。

今日の朝ごはんは、前から行きたかった四ツ橋駅にある「hillsパン工場cafe」ってところ。ここはGIZAが自社展開しているパン屋さんで、イートインスペースもあるし、毎週木曜には地下でライブもやってる、ステキなお店☆ここで、もっちりとしたごまぱんとカスタードが中に入ったビスキー生地のパンと、カレーパンとコーンスープを一気に食べました☆カレーパンは結構スパイシーだったけど、コーンスープとマッチして、なかなかおいしかったです☆東京にも進出しないかなー。



ご飯を食べたら、大阪城に向かいました。天気が良すぎて、歩いてる途中でかなりバテましたが…(^^;)大阪城の展望できるスペースから見た大阪は、自然もあって、建物もあって、いろんなものがあるところだなーってのが感想ですね。中の展示室も展示の仕方や、照明の当て方など、結構こだわってて、いいなーって思いましたが。てか光の当て方、直接当たらないように結構配慮されるし、建物が立派でビックリしましたが。


その後はご飯を食べに難波&道頓堀に行きました。吉本の所はお土産コーナーだけ覗いて中は見なかったんですけど…。道頓堀でたこ焼きを2つ購入。「大たこ」は結構たこが大きかったなぁ…。「赤鬼」のは、生地がふんわりしすぎで、明石焼きみたいにだしにつけるんだったらいいんだけど、たこ焼きとしてはなんか求めてるものと違ってちょっとなぁ…って感じ。てかしょうゆダレはシンプルすぎたけど、もうちょっとタレがついてるとしっかりした味になってよかったかなーって思いました。あと、友達がフランスロール?を買って、それも味見させてもらったんだけど、クレープみたいで結構おいしかった☆お台場アクアシティに8月に進出するそうなので、1回は行ってみようかなーって思います。


その後、長居駅にある、大阪市立自然史博物館に見学に行きました。駅から歩いていったので、ものすごーく遠すぎた…。バス使わなかったことを後悔しましたよ…せっかく1日乗車券だったのに…。

博物館の建物はやっぱり立派で、体験型展示も結構多く、企画展示もなかなかよかったと思います。ただ惜しむらくは、来館者のマナー。中学生くらいの人たちが結構来てたんだけど、展示台に座りながら何かを書いてたり、通路に座り込んで、しゃべりながら書いてたり、展示スペースでふざけてたり…

かなり最悪

地元じゃないので、派手に怒れませんでしたが、多分確実に仏頂面だったと思われます…。やっぱり注意しとけばよかったなー。こんなにマナーのなってないの、あまり見たことなかったんで、かなりビックリしたんですけど。


あ、マナーがなってないっていう話でもう1つ。

大阪に来て驚いたんですけど、ここは自転車道ってのがいろんな所で見られて、自転車が走行しやすいようになってるんですけど、全く有効利用されてませんね…。歩道に堂々と乗り上げてチャリをこぐだけでなく、そばに自転車道があるのにそっちを走らず、歩道なのに歩行者が邪魔!と言わんばかりにベルを鳴らしまくり暴走をしているチャリ族がとっても多かったです。うちの地元も結構チャリ族多くて、自転車道が整備されてない(むしろ全く見かけない)し、車道は狭くて巻き込まれそうで危なくて走れないので、仕方なく歩道走ってますけど…。自転車道がとってもほしい私にとっては、大阪市民はすごく優遇されてるのかなぁ?なんて思いながら見てましたけど…。

てか暴走チャリ、怖すぎですって。



その後、お土産を買おうと梅田まで戻って買い物をしたんだけど、帰りのバスの時間を考えずに要冷凍の商品を購入してしまったから、さぁ大変!!おかげで、ギリギリまで涼しいところにいたり、ドライアイスくれそうなお店に行って商品を購入しつつドライアイスをもらって、それに入れたり…傍から見たら、結構バカだなぁ…なんて思いますが。



友達と別れてぷらぷらした後、バス出発の時間まで時間を潰し、ようやく高速バスに乗りました。結構人がいてビックリ!

席は2階席の前の方の通路側で、隣にいた人が結構多くスペースをとるので、座るのがとっても窮屈だったんですけど…。まぁ、結構うるさくても寝れちゃう方なので、案外ぐっすり寝れちゃいました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック