--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年05月26日 (木) | Edit |
昨日、12時前には寝たはずなんだけど、一昨日の微妙に徹夜しちゃった影響か、いつも木曜の授業は面白くて寝ないのに、今日はちょっとお昼寝時間になっちゃってました(^^;)眠いの引きずったなぁ…。先生、ごめんなさい(>_<)

あ、そうそう。6月の週末に授業の一環で、徹夜で「市場見学」に行くことになりました。どうやら「大田」と「築地」だそうです。うちらが負担するのはご飯代だけで、バスも講座のお金から出してチャーターしてくださるそうで、めちゃめちゃ楽しみだよー☆でも、なんか他学科の学生なのに、参加してしまって申し訳ないなぁなんて思いますが、普段見られないところとかバッチリ見てくる予定です☆写真撮れたら撮ってきます!



今日の2限は、あの!人気がめちゃめちゃ高い資生堂から参与の方がいらっしゃいまして、「資生堂の歴史・各ブランド」についてや、「流通システム」についてなどを講義してくださいました。

資生堂と言えば、いまや就活生人気企業のうちの一社(理系女子では☆NO.1☆)。今日来てくださった方も、なぜそんなに人気なのか、自社分析されてました。やはり、女性が働きやすいように育児や、育児休暇から復帰する時の教育(エクセルやワードをまた使いこなせるように研修があるとか)を設けているとか、さらに男性でも育児が出来るように態勢を整えるのに会社側も努力をしているという所があって、そこは魅力的だなぁと思いました。

さて、今日の講義では、資生堂は過去に欠品率ワースト1(←つまり欠品ばかりで「入荷待ち」になることが多い…)になっており(2位以下を大きく引き離していたような気が…(-"-;))、それに対するクレームも多く、参与の方も悔しい思いをしていたそうです。そこで流通部門に配属になり、日夜頑張った結果、欠品率ペスト10(←お客様を待たせてしまうのを少なくする)になった、その流通システムと、これからの改善点について、講義をしてくださいました。

どうも、店舗側の方では、「どういう風に入荷してくれ」とか「何時に入荷してくれ」とか「こういう風に店舗側に負担のないように梱包してくれ」というのがあるらしく、それがどの店舗も共通であればいいものの、店舗によって全然異なるため、そこに無駄が生じ、コストがかさんでしまったり、時間がかかったりしてしまっているそうです。今もやはりそれが問題ではあるので、その方も困っていらっしゃいましたが。私も、それはどうかなー…なんて思ったり。まぁ確かに、商品を入荷してくれて、それを売ってくれるのは店舗側なので、そういう店舗からの要望は応じなければならないでしょうけど…やっぱりなんか古すぎる。もう少し、効率化して欲しいなーなんて思います。

あとライバル会社とは、ホントにめちゃめちゃすさまじい争いをしているそうですが、それらの会社どうしで、協力できることはしていこう!ということで、納品などの面で、共通の配送センターを設け、トラック1台にその会社の商品を載せて、一括納品が出来るようにするというようなことをしているそうです。環境面にも配慮するようなことをおっしゃっていたので、これからもっと協力できることはしていっていただきたいなーって思います。

ただ、これはどうなんだろう?っていうのが1つ。やはりどこにでもある返品について。返品のあったものは全て処分なされるそうで、そこはもったいないなーって思いました。通販やアウトレット、サンプルショップ…というルートを取っても返品になってしまったものかもしれませんが、本当にほかに使い道はなかったのかな??なんて思ったり。処分するにもお金はかかるし、資源のムダだし…。その余ってしまった物を有効に利用する、例えば、キューピーで行っている「ゼロ・エミッション」というような、ゴミでも別のものに加工して再利用ということはしているのかなー??ってのが、疑問に思いました。聞けばよかったなー、それ。

あ、でも、1ついいなーって思った事があって。どんどん新しいものが出来ていくうちに、製造しなくなって販売しなくなった商品がありますよね。「もう作っていないのでないです」というのはせず、「お取り寄せセンター」ってのがあって、お客様から、「昔から使っているものなので、これを使いたい」という要望にあわせて、もう製造しなくなった商品をストックしておいて、お客様の手元に届けるようにしているそうです。ボトルがなくなっても、「中身は同じなのでこれで勘弁してください」と、別の容器に入れてお客様に届けたり、もう在庫がなくなっても、お客様の要望がある限り「1つ1つお作りいたします」というものもあったり。参与の方は「非効率ではあるけれど、資生堂の商品を使ってくださるお客様のために」とおっしゃっていましたが、それは大賛成です!!私も、いつも愛用しているフレグランスがあるんですけど、それはもう日本では販売してないし、サイトを見てももう扱っていないのか、その商品自体がないんです。確かに評価が割れて、万人受けしなかったものではあるけれど、その後に出た「オーフレッシュ」「2」はどれもどこにでも類似商品がもっと安い値段で手に入りそうなくらい似通った香りという印象があって、乗り換えようって思えませんでした。大好きなブランドだから、出来れば一生使いたいけど、販売してない、その他の商品はそんなに気に入るものではない…というんじゃ、そのブランドに愛想を尽かすというか、がっかりしてしまいます。「お客様を大事にする」「新規のお客様を引き込むだけではなく、使ってくださっているお客様にも満足していただく」というのは大切なことであるし、消費者に商品を提供する企業にとって一番大事なことだと思う。その努力をしている資生堂はいいなーなんて思ったり。

なんか今日は有意義なお話が聞けて楽しかったよー◎



そうそう。夏の実習の日程が確定しました。7月の下旬に1週間、カンヅメになりまーす。その後、絶対大阪行くぞー☆☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
市場見学
それは、在学中に僕も行きましたよ。
もっとも三浦(三崎)でしたけど。
そして、そのあと生物観察に寄った油壺で海に落ちる、という最悪な事態を招いたので、あれは鮮明に覚えています。
2005/05/27(Fri) 05:51 | URL  | 横浜貴公子 #vj87DEu2[ 編集]
お、落ちた??
三浦(三崎)にですか??三浦の方は全然知らないんですけど、去年もI先生主催であったらしいです。恒例なんですねー。

てか市場見学で生物観察に寄った…??なんとも珍しい流れな気がしますが、面白そうですね(≧▽≦)でも海に落ちる…ありそうでなさそうな…(-"-;)そんなことがあったら、覚えてますよねー(苦笑)
2005/05/28(Sat) 13:21 | URL  | 管理人 #kwVcWqdw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック