--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年02月24日 (木) | Edit |
中央大学で行われた、公務員説明会に行ってきました。私は今年受けるかどうか迷ってる…というか、年齢的には達してるけど、来年卒業するわけじゃないから、今回はどんな省庁があるのかとか、どんなことをしてるのか知って、将来の進路を決めるのに役立てようかな~って、すっごい軽い気持ちで行ったんですけど…周りはそうじゃなかったですね。





みんなリクルートスーツでした。。。





↑のようにそこまで気負いして行ったわけではなかったので、私服で行ったんですよ。そしたら…周りはスーツじゃないですか。しかもすごい人数で…。私服なんてほとんどいなかったし。しかも私、キャメル色のジャケットで行ったんで、完璧に浮いてて(笑)ちょっと恥ずかしかったです。でもみんなと一緒なのもどうかと思ったので、別に後悔はしてませんけど。





最初に説明を聞いたのが農林水産省。立ち見が結構出てしまったので、急遽上の階にも部屋を設けて、同時に説明会を開いてました。



求める人材にも私がぴったり当てはまってる感じだし(だって、食べるの大好きだし、食に興味あるし、てか食品学科だし(笑))、仕事内容がとても惹かれるものばかりだったんだけど…職員の人が…声が小さくてあまり聞き取れなくって…。そこが残念だったかも。







次に受けたのが環境省。ここも立ち見が出て、2教室で説明会を同時に行ってました。



ここは、とにかく職員の人がかなりの好印象!!なんかさわやかな職場って言うのもうなずける。てか説明をしてくれた職員さんから、職場の雰囲気がいいんだろうな~っていうのはひしひしと感じられて。あと意見とか筋が通ってたら、上司がきちんと聞いてくれるとか、忙しすぎるからみんなが気持ちよく仕事できるように、職員1人1人が元気よく仕事をしているというのを聞いて、いいところだな~って思ったり。



もともとそこまで環境のことは知らないんだけど、説明を聞いて、環境省に興味がわきました。自然環境局…だったかな。そこは特に興味あり☆







お昼を食べて、最後に文部科学省の説明を聞いてきました。この省の説明を聞こうと、みんな集まりすぎちゃって、教室も黒板の前の方まで人だかりができ(当然後ろも、机の横の通路も人であふれてた)、さらに廊下にも人があふれて、前の時間に説明をしていた経済産業省の人たちが出るに出れなくなるという…。結局、廊下にいた人は上の階に行くように指示され、教室に立ち見の人が結構いる状況だったけど、時間が迫ってたということもあり、パンフレットをなんとか配って、説明を始めることに。人が多すぎて、パンフレットが2冊とも回りきってなかったけど…。



説明をしてくださった職員さんは、こんなに人が集まりすぎたというこの状況にかなり困ってたけど(笑)この職員さんもかなり人柄がよくって、ちょっとテンパってて、それでも一生懸命説明したり、質問に答えようという気持ちが伝わってきました。仕事内容も興味ある分野だったし、文化庁の仕事にかなり惹かれたし、目指してみたくなりました。てか文部科学省は国1も国2も仕事内容に差はないってのを初めて知ったよ…。昇進スピードに差が出るくらいって…





仕事内容に差がないんだったら、別にOKなんだけど!! 



って感じなんだけど。結局は国民のためになる仕事が出来ればいいし、昇進なんてそこまで気にしないし(はっきり言うとどうでもいい…)。





結局回ったのは3つだったけど、どれも初めてどういう仕事をしてるのかを知ったかも。仕事内容を知って、将来の進路決定の参考にしようという計画のつもりだったのに、「ここに就職したい!!」ってホントに思える省にめぐりあってしまい、本気で目指そうか考え中…。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック